学力を伸ばすだけじゃない。

人生を幸せに生き抜くための

科学的根拠に基づく教育。

"

"

ニュース
Please reload

フラーリッシュとは

フラーリッシュ(Flourish)とは、「繁栄する」「栄える」という意味の英単語で、一時的な幸せと比較される概念で、豊かさや幸福が持続的で末広がりなイメージが含まれています。

フラーリシング・エデュケーション・ジャパンは、教育の目的はフラーリッシュを実現することであるという信念のもと、子どもたちによりよく生きる(ウェルビーイング)ために役立つ知識やスキルであるポジティブ教育を届けるために活動しています。子どもたちが有意義で充実した幸せな人生を築いていけるように、そしてそんな子どもたちが作る未来がいつまでも幸せな世界になりますように。

ポジティブ教育とは

人が幸せに生きることや、人が幸せになれる組織や社会のあり方とはなど、主観的な要素が大きく個々の経験則的な要素が強かったテーマについて、近年、欧米を中心に科学的な研究が盛んに行われています。

従来の心理学が精神的な障害や病状を治癒することに焦点を当ててきたことに対して、人間の繁栄や幸福の促進をテーマにしたこの分野は、ポジティブ心理学と呼ばれ、1998年、当時アメリカ心理学会会長だったペンシルバニア大学のマーティン・セリグマン教授によって創設されました。

 

このポジティブ心理学で得られたエビデンスに基づく科学的な知見を元に、子どもたちに幸せに生きるために役立つ知識やスキルを身につけさせようという取り組みがポジティブ教育です。

 

ポジティブ教育は主に以下のようなスキルに焦点を当てています。

 

・良好な人間関係を築く

・ポジティブな感情を増やす

・逆境に負けない力を育む

・マインドフルネスを高める

・健康的な生活習慣を身につける

・自分の強みを活かす

・感情コントロール力を高める

・目標達成力を育む

・やり抜く力を育む

・楽観性を増やし、不安をコントロールする力を身につける

 

これらのスキルは、子どもたちが有意義で充実した幸せな人生を歩むための重要な基盤となると共に、従来の教科の成績向上にも効果があることが分かっています。

FEJ サポーター Professor Lea Waters, PhD

FEJでは、メルボルン大学のリー・ウォーターズ教授を団体のサポーターに迎え、学術的な視点からのアドバイスやサポートをいただいております。ポジティブ教育の先進国であるオーストラリアで多くの実践経験も持ち、自身も2人のお子さんを育てられているウォーターズ教授のご支援を得て、より質の高い情報提供、より効果的な活動につなげていきます。

Message From Professor Lea Waters,PhD

”I am honoured to be the Patron of Flourishing Education Japan and support their mission is to use the science and practice of positive psychology to help students, schools and families across Japan flourish and thrive.”

 

"フラーリシング・エデュケーション・ジャパンのサポーターとなれて光栄です。日本中の子ども、学校、そして家族が真の幸せと成功を手に入れることを助けるために、ポジティブ心理学の科学と実践の知見を活用するという彼らのミッションを支援していきます。"

About Professor Lea Waters, PhD 

・国際ポジティブ心理学協会(IPPA)会長

・メルボルン大学ポジティブ心理学センター創立者・教授

・ポジティブ教育スクール協会アンバサダー

・2015年度オーストラリア影響力のある女性トップ100選出

​・ポジティブ心理学者として、ポジティブ教育/子育て/組織学の分野での研究発表や著作多数

 

​ウォーターズ教授プロフィール詳細はこちら → Prof. Lea Waters' Bio