目指す未来

—子供たちが自分の持って生まれた能力・強みを活かして社会で活躍できる大人になり、今後の困難な社会の課題を解決し、魅力的な未来をつくる

—子供たちが生き抜く力、幸せになる力を身につけることで、うつ病にならず、自分で幸せを感じられる人生を歩めるようになる。たとえ、貧困などの困難な状況に育つ子供でもその境遇に打ち勝つことができるようになる

—親や教育者などの子どもと接する大人の幸福度が向上し、子供と望ましい接し方をするゆとり、ひいては虐待予防にもつながる

Flourishing Education Japanについて

ビジョン

FEJ(Flourishing Education Japan)は、日本の子どもたちがフラーリッシュ(Flourish)な人生を歩むため、日本がフラーリッシュ(Flourish)な社会となるため、主にポジティブ心理学や脳科学などの科学的な知見をベースとした教育を日本に広めます

ミッション

私たちは、できるだけ多くの子どもたちがポジティブ教育を受ける機会を得られること、周りの大人たちが幸福でフラーリッシュな社会を築くことに寄与する

  • ポジティブ教育ができる人材を育成する

  • 子どもにポジティブ教育を届ける

  • ポジティブ教育に関する調査・研究開発をする

  • ポジティブ教育を広める

  • 学校や家庭などでのポジティブ教育の導入・実践を支援する

  • 子どもと関わる大人たちのウェルビーイングを支援する

団体概要

団体名称:特定非営利活動法人フラーリシング・エデュケーション・ジャパン

     (特定非営利活動法人 Flourishing Education Japan)

目的: この法人は、広く一般市民を対象にして、主にポジティブ心理学や脳科学などの科学的な知見をベースとしたポジティブ教育についての調査・研究開発、ポジティブ教育の実践方法に関する親や教育者向けの講座やセミナーの開催、幼児・学齢期向けのポジティブ教育プログラムの実施、教育現場へのポジティブ教育の導入支援、およびポジティブ教育の普及啓発を行い、子供たちが自分の強みを生かしフラーリッシュ(持続的幸福)な人生を歩む力を育成し、さらにフラーリッシュな社会の実現に寄与することを目的とする。あわせて、子供と接する大人自身の幸福度の向上を支援することにより、虐待や貧困など子供を取り巻く環境の健全化に寄与することを目的とする。

役員:

代表理事 佐山 美樹

理事 藤原 弘美

理事 福井 達雄

​監事 磨家 優子

 

設立:2017年11月

所在地:東京都中央区2-1-1-1106

事業内容:

(1)ポジティブ教育に関する講座・セミナーの開催事業

(2)子供向けポジティブ教育プログラムの実施事業

(3)ポジティブ教育に関する調査・研究開発事業

(4)ポジティブ教育に関する普及啓発事業

(5)ポジティブ教育の導入支援事業

(6)その他目的を達成するために必要な事業

定款:ダウンロード

Our Team

日本ポジティブ心理学協会(JPPA)認定ポジティブ心理学プラクティショナー。早稲田大学教育学部卒。

現在は、外資系IT企業にて人材育成を担当。また、JPPA理事としてJPPAの運営にも携わっている。男児2人の母。

 

一言: この先の社会にどんな難しい問題があったとしても、子供たちみんなが、それぞれが持っている強みを発揮して活躍する大人になったら、力を合わせて乗り越えていけるに違いない。そんな未来を子供たちに贈りたいという思いでこの活動を始めました。

日本ポジティブ心理学協会(JPPA)認定ポジティブ心理学プラクティショナー。JPPA認定レジリエンストレーナー。臨床心理士/特別支援教育士。目白大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻卒。

公共教育相談機関相談員、スクールカウンセラー歴は23年。

一言: 子どもが育てにくい、育ちにくい時代だと言われます。大人でさえ生きるのが「しんどい」と言われる時代。そのような時代にせめて次世代を担う子どもたちに未来を伝えられる大人でありたいと思ってます。フラーリッシュは、そのヒントを与えてくれると思ってます。

​代表理事 佐山 美樹 (Miki Sayama)

日本ポジティブ心理学協会(JPPA)認定ポジティブ心理学プラクティショナー。名古屋大学大学院情報科学研究科卒。

現在は、翻訳家として主にポジティブ心理学関連の書籍等の翻訳に携わる。教職課程の大学生向けにポジティブ教育について話をする活動なども行っている。男児2人の母。

一言: 幸せな社会を築くには、教育が一番大切で、教育の目的は、子どもたちが将来、持続的に幸福な人生のためにどう考えどう行動するか、よりよい選択をしていける人になるよう導くことだと考えています。たくさんの大人が「フラーリッシュの芽を育てよう!」という想いで、子どもの中の「よさ」を引き出す教育を実践する、そんな社会を夢見ています。

理事 ​藤原 弘美 (Hiromi Fujiwara)
理事 福井 達雄 (Tatsuo Fukui)

Board Member

​宇野 カオリ(Kaori Uno)

​Adviser

日本ポジティブ心理学協会(JPPA)代表理事。ペンシルベニア大学大学院応用ポジティブ心理学修士課程修了。
現在、筑波大学研究員。跡見学園女子大学助教(臨床心理学)。国際ポジティブ教育ネットワーク(IPEN)日本代表。ポジティブ心理学に関する著書・寄稿多数。

 

一言: 「よりよく生きる力」の解明や、21世紀の新たな道徳教育への提言など、ポジティブ心理学の科学的な実証研究に基づく「ポジティブ教育」には無限の可能性が秘められています。FEJを通して、皆様と共に、日本のポジティブ教育の未来像を描いていけることを楽しみにしています。