Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

「実践版GRIT-やり抜く力を手に入れる」著者特別講演会のお知らせ

February 26, 2018

自分と周囲に害を及ぼす「悪いグリット」ではなく、幸せな成功につながる「本物のグリット」を高める方法とは?

 

『成功するために大切なのは才能ではなく「グリット(GRIT)」=「やり抜く力」である。』

 

さまざまな心理学の理論や研究を踏まえてこのグリット理論を提唱したアンジェラ・ダックワース博士の『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』(ダイヤモンド社)は、日本でもベストセラーとなっています。

 

この度、ポジティブ心理学コーチングのパイオニアとして著名なキャロライン・アダムス・ミラー氏が、グリットの鍛え方を数々の具体的なエクササイズとともに解説した『実践版GRIT――やり抜く力を手に入れる』(すばる舎)が発刊されました。

 

あらゆる成功を叶える究極の資質と言われるグリットですが、労働環境の劣悪な職場であったり、自分の本当の望みとは違ったものにも我慢強く耐えてしまう…など、使い方を間違えると幸せには結びつきません。

 

また、誠実さや謙虚さなどを併せ持たず、自分の目標にだけ執着する場合、不当な手段や自己中心的な振る舞いなど間違った方向に進んでしまうこともありえます。

 

そのような危険なグリットではなく、「本物のグリット」を身につけ、幸せな成功を手に入れるにはどうすればいいのか?

 

キャロライン氏は、ペンシルベニア大学大学院在学中にダックワース博士のグリット研究と出会い、自身の専門とする目標設定理論をベースとするコーチングプラクティスにグリット理論を組み入れました。

以来、世界中の一流の人々をクライアントとして「グリット・コーチング」を実践し続け、何が有効で何が有効でないかを実際に確かめてきたと言います。

 

今回の新刊では、本物のグリットとはどういうものなのか、そして、情熱やリスクテイキング、意志力といった、グリットにとどまらず達成に関係する様々な科学的研究を追求し実践してきた彼女の知見から得られた、本物のグリットを高めて目標を達成する方法がふんだんに紹介されています。

 

この度の新刊の出版を記念して、キャロライン氏による講演会を開催いたします。

 

米国のメディアに出演も多い人気コーチであり、世界中で講演活動を行うキャロライン氏による、日本での初出版のために実現した特別記念価格での講演となります。

この機会にぜひご参加ください。

 

キャロライン・アダムス・ミラー特別講演会 『実践・グリット~本物のグリットを高める方法』

 

日時: 2018年3月24日 13:00-16:00 (12:30開場)

場所: 株式会社ビジネスコンサルタント セミナールーム

    千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー18F

参加費:5,000円

主催: 一般社団法人日本ポジティブ心理学協会(JPPA)

              NPO法人フラーリシング・エデュケーション・ジャパン(FEJ)

協賛:    株式会社すばる舎

 

 ※通訳付。講演会終了後、本のサイン会を行いますので、既に本をご購入いただいた方でサインを希望される方は本をご持参ください。当日の会場で本の即売も行います。

 

申込:Peatixからお願いします → http://jissengrit.peatix.com

 

【キャロライン・アダムス・ミラー(Caroline Adams Miller)】  

米国のパフォーマンス・コーチ。ハーバード大学を優等で卒業。ペンシルベニア大学大学院応用ポジティブ心理学修士課程(MAPP)の第1期修了生として、世界で初めてポジティブ心理学の学位を取得した。専門は幸せ、目標設定、グリット。世界で最も活躍するポジティブ心理学エキスパートのひとりとして高く評価されている。目標達成に特化した組織繁栄のためのエグゼクティブ・コーチングに従事するかたわら、世界各国で講演も行っている。学校での講義経験も多数あり、ペンシルベニア大学ウォートン・ビジネススクールにおけるエグゼクティブMBA プログラムのゲスト講師も務める。2013年には、多くの人々の目標達成に貢献してきた数十年間の功績が認められ、ジョージ・ワシントン大学ビジネススクールからMentoring Awardを受賞。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • FEJ Facebookページ